EFTのやり方

EFTのベーシックなやり方を説明しています。

EFTのやり方説明 実践編です。どのようにEFTをやっていくかを実践形式で説明しています。

EFTの流れ 01問題を特定する

ワークしたいテーマを選びます。 テーマについてよく感じて感情を再現します。 例 上司に仕事が遅いと言われて悲しかった

 

感情のスコアを10段階で測る

感情の大きさ0(ストレスゼロ)から10(最高値)の中で選ぶ(だいたいで大丈夫) 感情がいくつかあったら、一番大きい感情を選びます。

 

03セットアップフレーズを作る

テーマに意識を合わせるため、セットアップフレーズ(始まりの言葉)を作ります。フレーズは 空手チョップをタッピングしながら3回唱えます。その間、感情に集中しましょう。

セットアップの作り方

例 (上司に仕事が遅いと言われて)(悲しいけれども)、私は大丈夫です。 (人に信用されないと思うと)(不安があるけれども)、私は大丈夫です。

 

04フレーズを言いながらタッピング

フレーズは セットアップで使った感情、感覚、思いなどの感情をあおるもの。 感情(悲しい、この悲しみ)、感覚(胸の痛み、もやもやする)、思い(許せない、嫌い!)など。 例 この悲しみ、 悲しい、仕事が遅い、遅いって言われた、仕事が遅い、この悲しみ….

タッピングポイント

2、3週するごとに深呼吸します。または感情が強く高ぶった時に深呼吸します。

 

05スコアが0になるまで

感情感覚のスコアが0になるまでタッピングを繰り返す。

 

テスティング

改めてテーマをよく感じ、感情や認知に変化があるか確認する。 残っている感情があれば再度タッピングする。

 

その他

● スコアが5くらいに下がったらフレーズに「まだ」を入れても良い 例 まだある悲しみ

●スコアが3くらいに下がったらポジティブなフレーズを入れてもいい 「そろそろ解放してもいいかも、まだ少しだけ残っているこの悲しみ、解放できるかも、解放しよう」など

● 感情が変わったら 今起きている感情をフレーズにしてタッピングする 例 最初は悲しみだったが怒りに変わったなど

 

タッピングポイント

EFTタッピングポイント
EFT-手のタッピング
EFT-手のタッピングポイント

 英国BBC放送:慢性疲労症候群をEFTで

英国BBC放送のニュースで取り上げられたEFTの動画です。 慢性疲労症候群によって1年近くも家を出られなかった女性がEFTによって回復するというエピソードが述べられています。

 英国BBC放送:国営病院でEFTの治療が行われる

英国BBC放送のニュースで取り上げられたEFTの動画です。 EFTが国立の病院で欝などの精神治療に使われ、効果を発揮していることが報道されました。

No Replies to "EFTのやり方"