病気にOKが出せる時 / 精神病患者の家族とEFT

私が中学生の頃、私の母はいわゆる精神病で、
精神病棟に入院していたことがあります。

(母の行動で)近所の人が迷惑だと怒鳴り込んで来たり、
意味不明な独り言をぶつぶつ言ったり、

精神病棟でできた母の友人は、殺人者の人でしたし、
入院していたおばあさんには、ヘビの子供だ!とつばをかけられました(笑)

だから精神病棟はとても恐かったのですが、
助けなければいけないと無意識で感じていた私は、
葛藤し混乱していました。

父はやはり精神的に頼れることがなく、
とても不安定な時期を過ごしましたね。

私は、その数年間がとてもつらい時期だと思っていました。
ところが今は、全く違います。

マトリックス・リインプリンティングを使って、
十分に感情解放を行った後、
(セッションの中で)当時の母と会話をして認知はすっかり変わってしまいました。

私は当時の母にこう尋ねてみたのです。

「どうして病気になったの?」

すると母はにっこりと笑って、素晴らしい答えをくれました。

「お母さんは、ずっと、ずっと子供の頃から、
自分の言いたいことをいつも我慢してきたの。
だって不器用でしょ、だからすぐ、黙っちゃうの。

でもお母さんも、自分のいいたいことを表現する必要があるの。
病気になって、人生ではじめて、誰のことも気にせず自分を表現できるの。
だから、もう少し病気でいさせてね。」

この言葉には、本当に驚きました。
私の目から見ても、母は不器用な人でいつも口をつぐんでいたからです。
確かに、病気になってどんなに人に好奇な目で見られようと、
好きなようにしゃべり、好きなように過ごしていたんですね。

そして、母は1冊のノートを渡してくれました。
「お母さんの症状で、苦しいことがあったらこのノートに何でも書いてね。
(量子の世界で)いつも見ているから。」

私たちの苦しくてかわいそうな数年間は一瞬でなぎ倒され、
私からみて唯一、母が自己表現できた特別な数年間に変わってしまったのです。

そしてたった1冊のノートによって、
精神病等が恐いとか、つらいとか、マイナス感情を表現することは
一瞬で許されてしまいました。

それ以来、私の中で「病気=完璧な自己表現」という信念にかわり完全に受容できるようになりました。
私の新しい信念は突拍子もない信念に聞こえるかもしれません。
ところが、「精神病は不幸である」という思いもまた、勝手に定義づけられた突拍子もない信念にすぎません。

実は、マトリックスリインプリンティングのセッションまでは、
精神疾患を煩った方を見かけると、とても胸騒ぎがしていました。
ところがそれセッション以来、幸せな感覚と、尊敬の念が湧くようになりました。

そしてそれを繰り返した後、もう何もひっかからなくなりました。
精神疾患とも切り取らず、自己表現とも切り取らず、何も線引きができなくなったのです。
今では、尊敬の念に似た、柔らかな調和的な感覚だけが残ります。

もちろん、罹患している最中の方や、渦中のご家族の方など、
実際に沸き上がってくる苦しい感情は、とても自然なものだと思います。

無理にポジティブシンキングでとらえても、逆に苦しくなるでしょう。
EFTで苦しい感覚を和らげることは、普段の生活でとても役にたつと思います。

専門医に十分に相談され、お体を大切にして頂きたいと願っております。
ネガティブな思いや感情でお辛い場合は、どうぞマトリックスリインプリンティングのセッションをお試しください。

No Replies to "病気にOKが出せる時 / 精神病患者の家族とEFT"

    Leave a reply

    Your email address will not be published.