子育てとEFT


ついカッとなって怒りすぎてしまった。
先生に怒られて気にしている。
お友達とけんかした。
おばけが恐い。
などなど。

お子様の不安や傷ついたこころにEFTはとても効果的です。
子供ほど、効果が本当かどうか分かりやすく教えてくれる存在はありません。
EFTをする時としない時の差は歴然とするでしょう。

ぜひ、大切なお子様とお母様、お父様のためにEFTをお試しください。

1. お子様へのEFTのやり方

やり方は基本のEFTと同じです。気持ちを聞いてあげて、体の感覚なども分かれば聞いてあげます。
感覚や感情を説明できない年頃には、悲しい感じかな?などと気持ちを
汲み取りながら、お子様の表情などをサインに合う言葉を見つけます。
言葉が上手に見つからなくても、タッピングだけでもかなり落ち着くでしょう。

 大事なポイント:治そうとしない・期待しない・マニュアル通りにやらない
脇の下をくすぐったがったり、抱きついてタッピングができないなど、
子供は自由ですよね♩ あまりマニュアル通りにやろうとせず、
子供をコントロールせず、できる部分だけまずやってみましょう♩

2. 子供へのEFTエピソード

 エピソード①:うまく下がらない時は、他の感情があった
実際に息子にEFTを行った時のことです。
悲しみに集中してタッピングを続けた後、落ち着いてきたのでもう大丈夫かな?と思い、
子供を抱き寄せてみました。すると!微妙〜に体が斜めに反り返った感じがしました。
これは何か残ってるな?と感じ、タッピングを続けながら探ってみると、
「ママに怒ってる」という感情が残ってたんですね :roll:
「ママに怒ってる!ママひどい!」と自分言うのはなんだか笑っちゃいましたが、
不思議と自分のイライラも消えていくようでした。
タッピングが終わった後は、いつものように手を延ばしぎゅっと抱きついてくれました。

 エピソード②:ママの感情も癒していますか
子供を傷つけてしまったと感じる時、ついつい子供の傷に集中しがちですが、
両親である私たちも大きく傷ついています。

子供たちは、感情を読み取る天才!たとえ言葉に表現しなくても私たちの傷を察知しています。
子供の傷を癒してあげるためには、親である私たちが自分の傷と向き合う必要があるのですね。

ぜひママの思いや感情にワークしてみてください。

No Replies to "子育てとEFT"